屋上・陸屋根防水工事見積もり.comならでは。防水業者にインタビューしました。

防水業者に聞きました!見積もりについて教えてください!

防水工事見積もり.com(以下、オクボー)が、防水業者にインタビューをしました!
防水業者でもない、お客でもない、中間の立場である私たちだからこそ聞けたお話です。
防水工事を検討するうえで、参考にしてくださいね。

防水工事の見積もりについて教えてください!

オクボー:
防水工事って、業者によって大きく見積もり金額に差があると思うんですが、どうしてですか?
塗料は基本的に同じですよね?
防水業者:
実は、防水は色々とごまかせる業種なんだ。
例えば、 アスファルト防水は代表的だよ。
施工をした後に、アスファルトで蓋をしてしまうから、適当な工事をしても分からないんだよ。
オクボー:
そうなんですか!?
見えないからって手を抜いてしまうんですね。
防水業者:
こちらも商売だから、施工のスピードも大事なんだよ。
だから、やっつけ仕事でやってしまう防水業者もあるんだ。
アスファルトだけじゃなくて、他の防水工事もごまかせるよ。
例えば、防水に使う塗料の量を調節できるんだよ。
オクボー:
えー!?ショック!!塗料を少なくして工事をするってことですか!?
防水業者:
塗料の厚さとか、本当は基準があるんだけど、
防水に相当詳しい人でもない限り、防水のことなんてあまり分からないでしょ?
オクボー:
確かに…。
インターネットでも、そんな情報はみないですね。
防水業者:
本当は5缶使わないといけないところを3缶でやっちゃうとかね。
ネットの情報も悪くないんだけど、そういうところまではね。
オクボー:
怖いですね。大切な建物なのに。。。
どうやって信頼できる防水業者を見分ければいいんですか?
防水業者:
値段が高すぎるのはもちろん論外だけど、
防水工事を希望する人は、よく費用を最重要視するんだ。
でも、極端な値下げをしてくる防水業者は危険かな。
オクボー:
値下げしてくれるなら、希望社にとっては、ありがたい業者ですよね?
防水業者:
そうだね、気持ちは分かる。誰だって、安い方がいい。
でも、防水業者は絶対に赤字にはしたくないから、 見積もり金額を安くするということは、
それだけ削られた部分があるということだからね。
人件費以外の部分だと、工事を手抜きするしかない。
もちろん、見えない部分でね。
オクボー:
安かろう悪かろうでは意味がないですもんね。
でも、節約したいし。。。
品質を維持したまま、予算を削れる方法ってありますか?
防水業者:
施工の場所が遠かったりすると、それだけで費用は余計にかかるよ。
材料とかは車で運ばないといけないし。
例えば、うちも全国どこでも出張するけど、その分交通費がかかるからね。
もし、費用を削りたいなら、近くの防水業者に依頼するのが、一番良いだろうね。
あとは、まとめて工事をすること。
オクボー:
まとめて工事?
屋上のついでに、ベランダも工事するということですか?
防水業者:
簡単に言えばそうだね。
防水は、㎡が小さくても大きくても、施工する人数はあまり変わらないんだ。
屋上もベランダもしばらく施工していないなら、 まとめてやった方が、
業者の人件費が節約できるので、結果的に安く収まりやすい。
後、外壁塗装も検討しているならついでに防水工事もした方が安くなりやすいかな。
オクボー:
外壁塗装のついでに?
防水業者:
例えば、外壁塗装で足場を組むとするだろう?
仮に、防水工事にも足場が必要だとしたら、別々に工事をすると、2回も足場を組まないといけなくなる。
そういった部分を活用することで、費用を安く抑えられるんだ。
もちろん、1回の金額は大きくなるから、予算に応じてだと思うけどね。
オクボー:
なるほど!
大変貴重なお話をしていただき ありがとうございました!