防水工事見積ドットコムロゴ

防水工事ネタバレ100選

ウレタン機械固定工法を提案されました。良い工法なんでしょうか?

更新日:2023年7月7日 BY 福島 慎介

【質問】

ウレタン機械固定工法を提案されました。

調べてもよく分からないのですが、良い工法なんでしょうか?

【回答】

結論をいいますと、とても良い工法です。

ウレタンと塩ビのそれぞれの長所をとった工法です。

通気緩衝シートを固定させるため専用のアンカーを使います。

その上にウレタン材を重ねて分厚い防水層を作りあげていく工法になります。

ウレタンを塗る前までは、塩ビシート機械固定の工法と同じです。

ウレタンにすることで、平場と立ち上がり箇所も

塩ビシートのようなつなぎ目がなく、シームレスな一体型で防水層を作れます。

台風などの強風でシートが剥がれずらくなるというメリットがあります。

但し、施工できる業者も少ないのと一番高価な防水工法の1つなので現実的に採用されることが少ないというデメリットもあります。

関連記事

防水工事で200万円損失

【実話】200万円も払って手抜き工事..信頼していた大工に防水工事で裏切られた話

ウレタン防水通気緩衝工法

ウレタン防水通気緩衝工法の施工手順(絶縁工法)

ウレタン防水とは?適正単価と業者選びの注意点を公開

カテゴリー :防水工事ネタバレ100選  タグ:ウレタン防水 

■福島 慎介

神奈川県出身 一般社団法人 防水工事推進協会 代表理事 防水アドバイザーとして10,000枚以上の見積りや防水工事を診断 お客様の立場・視点から分かりやすくお伝えします。

single