受付時間:月~土 9~20時
無料相談メール
無料相談LINE

塩ビシート機械固定の提案に、脱気筒の項目がありません。ウレタン防水には入っていますが、塩ビシートは必要ないと言われました。 大丈夫ですか?

更新日:2024年5月27日 BY 福島 慎介

【質問】

塩ビシート機械固定の提案を受けたのですが、脱気筒の項目がありませんでした。他社のウレタン防水には入っていましたが、塩ビシートは必要ないと言われました。

大丈夫ですか?

【回答】

結論から言いますと、脱気筒は付ることをオススメします。

脱気筒は、既存の床面と新しい塩ビシート防水の間に発生する湿気を外に逃がしてくれるすぐれものです。

ドレン(排水溝)などからも外出しますが、脱気筒があったほうが、より湿気を逃がしやすく、

膨れるという現象が起きにくくなります。

脱気筒は絶対付けなくてもいいですが、付けたほうが、より湿気を逃します。

関連記事

知らないと損?高い?!ハウスメーカー防水工事の注意点

【初心者入門編】初めてでも失敗しない防水工事のポイント!

【初心者入門編】初めてでも失敗しない防水工事のポイント!

シート防水(塩ビシート・加硫ゴムシート)の特徴と単価【施工動画付き】

カテゴリー :防水工事よくある疑問100選 

福島 慎介

神奈川県出身 一般社団法人 防水工事推進協会 代表理事 防水アドバイザーとして10,000枚以上の見積りや防水工事を診断 お客様の立場・視点から分かりやすくお伝えします。

防災工事推進協会 代表理事 紹介ページへ