塩ビシートでも脱気筒をつける提案をされる業者と必要ないという業者もいました。どちらのほうがいいのでしょうか?

【質問】

塩ビシートでも脱気筒をつける提案をされる業者と
必要ないという業者もいました。

どちらのほうがいいのでしょうか?

【回答】

結論から言いますと、どちらもOKです。

脱気筒は、水蒸気や湿気を抜いていく
ための出口です。

国土交通省の規定によると
約80㎡に1つ脱気筒を設置していくのが基本です。

塩ビシート自体に、
小さな気泡が抜けるようになっている仕様のため

脱気筒は必ず付ける必要はないと言われています。

*ドレン排水溝も出口の1つです

既存防水層や下地に水がかなり浸透している場合は
脱気筒をつけることもあります。

また、屋上やベランダが普段かなりの頻度で
歩行している場合は、脱気筒が邪魔になってしまうことも
あり付けないほうがいい場合もあります。

付けるのがOK
付けないのがNG

ではなく

既存の防水層の状態や

お客様の使う用途を考慮して

脱気筒の有無を決めていきます。

ご相談は何度でも無料 >

関連記事