防水工事よくある疑問100選

ベランダ防水で業者さんにウレタン密着工法を勧められました。本当に大丈夫ですか?

更新日:2023年7月6日 BY 福島 慎介

【質問】

ベランダ防水は通気緩衝工法が良いとネットで見ましたが、業者さんにウレタン密着工法を勧められました。本当に大丈夫ですか?

【回答】

結論から言うと、ウレタン密着工法で大丈夫です。

ベランダは雨や紫外線をうけにくいこと、面積も屋上に比べて小さいことから、密着工法でも十分防水性能としては問題ありません。

ただし、雨漏りをしているということであれば、ウレタン通気緩衝工法がおすすめです。

▼補足

通気緩衝工法が構造的に難しいことがあります。

ベランダであれば、立ち上がりが低く、通気シートが貼れないことがあります。

現場を見た職人さんが判断をしています。

ベランダのウレタン防水密着工法

関連記事

防水工事で200万円損失

【実話】200万円も払って手抜き工事..信頼していた大工に防水工事で裏切られた話

ウレタン防水通気緩衝工法

ウレタン防水通気緩衝工法の施工手順(絶縁工法)

ウレタン防水とは?適正単価と業者選びの注意点を公開

カテゴリー :防水工事よくある疑問100選  タグ:ウレタン防水 ベランダ防水 防水工事全般 

福島 慎介

神奈川県出身 一般社団法人 防水工事推進協会 代表理事 防水アドバイザーとして10,000枚以上の見積りや防水工事を診断 お客様の立場・視点から分かりやすくお伝えします。

防災工事推進協会 代表理事 紹介ページへ