受付時間:月~土 9~20時
無料相談メール
無料相談LINE

屋上に水が溜まる理由はなぜですか?

更新日:2024年5月27日 BY 福島 慎介

【質問】

屋上に水が溜まる理由はなぜですか?

【回答】

溜まる理由は主に2つあります。

(1)下地の防水層に新しい防水層をつくるため多少、厚みのばらつきがあります。

凹凸がある場所に水が溜まりやすくはなります。

*完全に凹凸を無くしたい場合は、左官工事で勾配調整をする必要がでてきます。

余計な費用が高額になるので、現実的採用されるケースは少ないです。

(2)塩ビシートの場合は、夏冬の温度差があるため多少、たわみをもたせて貼ることもあります。

夏は暑いのでシートが伸びやすい。冬は寒いので縮みやすい。

輪ゴムをピーンと伸ばした状値で更に強く引っ張るとゴムが切れます。

それと同じように温度差や風などの気候を考慮し多少、たわませて貼っていきます。

水がたまる=ダメでなく

むしろ、撥水効果が継続しているという見方もできます。

また季節の温度差を考慮した施工内容ともいえるので良い職人さんが工事した可能性も高いです。

心配な場合は、施工した業者に確認してみてください。

曖昧な回答の場合は、技術や知識がない業者かもしれないのでその際は第三者の専門機関に相談されることをオススメしています。

関連記事

改修ドレンで雨漏り改善

改修ドレンで雨漏りを改善しよう

【2024年版】これで完璧!屋上防水工事の基礎知識パーフェクトマニュアル

屋上防水工事の相場について徹底解説!工事の種類からメンテナンス方法までご紹介

屋上防水工事の相場について徹底解説!工事の種類からメンテナンス方法までご紹介

カテゴリー :防水工事よくある疑問100選 

福島 慎介

神奈川県出身 一般社団法人 防水工事推進協会 代表理事 防水アドバイザーとして10,000枚以上の見積りや防水工事を診断 お客様の立場・視点から分かりやすくお伝えします。

防災工事推進協会 代表理事 紹介ページへ