受付時間:月~土 9~20時
無料相談メール
無料相談LINE

屋上フェンス支柱は外した方がいいの?

更新日:2024年5月27日 BY 福島 慎介

【質問】

屋上フェンス支柱に関して質問です。

支柱を外してから防水工事をしたほうがいいという業者もいれば、

外さなくても問題ないという業者もいます。どちらが良いのでしょうか?

【回答】

どちらも間違っていません。

双方のメリット・デメリットを考慮する必要があります。

【フェンス支柱を外すメリット】

フェンスの中まで、防水処理できるため

雨漏り対策としてより安全・安心できる

【デメリット】

  • 外す・復旧するという費用がかかる
  • 外すことはできても、復旧ができないことがある

*経年劣化のため、差し込み口が歪んでしまい、差し込めない場合もある

【フェンスを外さず防水処理するメリット】

  • 費用を押さえることができる
  • 復旧できないというリスクを回避できる

【デメリット】

  • フェンスの中まで防水処理しないため、そこから雨漏りするリスクがある

 但し、フェンスの支柱回りに防水処理することで、雨漏りする心配は無いに等しいと考える

◆結論

支柱の取り外し・復旧が容易であれば、対応してもらったほうが安心です。

ただし、ハウスメーカー(へーベル・積水ハウス)などは特注になっているケースも多く慎重に選択しないと復旧ができず、トラブルになる可能性もあります。

経験豊富な業者に相談しましょう。

また、支柱の高さが5cm以上あれば、フェンスを外さなくても、防水処理が容易です。

関連記事

防水工事で200万円損失

手抜き工事事例|200万円も払って手抜き工事..信頼していた大工に防水工事で裏切られた話

ウレタン防水通気緩衝工法

ウレタン防水通気緩衝工法の施工手順(絶縁工法)

ウレタン防水の適正単価と業者選びの注意点!【単価表公開】

カテゴリー :防水工事よくある疑問100選 

福島 慎介

神奈川県出身 一般社団法人 防水工事推進協会 代表理事 防水アドバイザーとして10,000枚以上の見積りや防水工事を診断 お客様の立場・視点から分かりやすくお伝えします。

防災工事推進協会 代表理事 紹介ページへ