受付時間:月~土 9~20時
無料相談メール
無料相談LINE

塗装と防水の違いは何ですか?

更新日:2024年5月27日 BY 福島 慎介

【質問】

塗装と防水の違いは何ですか?

【回答】

●塗装とは?

建物の屋根・外壁などビジュアル(見た目)を美しく保つための塗り工事です。

●防水とは?

建物の中に水を浸入させないことを目的とした工事です。

防水性能がある材料で防水層を形成していきます。

<まとめ>

・塗装と防水は目的が違うので切り離して考えたほうが良いです。

・塗装屋と防水屋の専門職人もそれぞれ違います。

・見た目綺麗にすることを目的であれば塗装屋に依頼してください。

・雨漏りを治すこと、また雨漏りさせてたくないを目的であれば防水屋に依頼してください。

★得意分野にお願いすると、失敗しない工事に繋がりやすいです。

関連記事

防水工事で200万円損失

手抜き工事事例|200万円も払って手抜き工事..信頼していた大工に防水工事で裏切られた話

ウレタン防水通気緩衝工法

ウレタン防水通気緩衝工法の施工手順(絶縁工法)

ウレタン防水の適正単価と業者選びの注意点!【単価表公開】

カテゴリー :防水工事よくある疑問100選 

福島 慎介

神奈川県出身 一般社団法人 防水工事推進協会 代表理事 防水アドバイザーとして10,000枚以上の見積りや防水工事を診断 お客様の立場・視点から分かりやすくお伝えします。

防災工事推進協会 代表理事 紹介ページへ