ウレタン密着かウレタン通気緩衝工法どちらにしようか迷っています

【質問】

木造在来工法(外壁サイディング)戸建て
2階ベランダ床は、現在ウレタン防水密着工法。

現況、気泡等発生中、大きな亀裂、屋内外雨漏り(染み)等はないです。

ウレタン密着かウレタン通気緩衝工法どちらにしようか悩んでします。
物件が古く、気泡発生等がある為、再発防止はしたくありません。
予算的なものも悩みます。アドバイスください。

【回答】

確実に10年以上もたせたい。気泡などをなくしたい。
ということであれば
「ウレタン通気緩衝工法」が一番オススメです。

今の状態が良いということとなるべく費用も抑えたいということであれば
「ウレタン1層の密着工法」でもいいかもしれません。

*ウレタン密着は、通常2層ですが、既存の防水の状態が良く、
費用を最小限にしたい場合、採用するケースもあります。

▼ウレタン密着工法を選定した場合、

数年様子を見ていただき改めて気泡や膨れがでてこないか確認。
でてこなければそのままにする。
目立ってきたらウレタン通気緩衝工法をする。という方法も採用できます。

2回に分けるということが面倒だしリスクもあるため
やはり「ウレタン通気緩衝工法」で済ますのが一番失敗する可能性も少ないかなと思います。

ご相談は何度でも無料 >

関連記事