どうして屋上やベランダには、防水工事が必要なんですか?

【質問】
 
どうして屋上やベランダには、防水工事が必要なんですか?
 
 
【回答】
 
屋上やベランダには、必ず防水処理がされています。
 
防水は、雨から建物を守ります。
 
ウレタン防水など塗膜で水をはじく方法や、
 
塩ビシートのようなシートを張り付けシートそのもので水をはじくなど、
 
防水層は、建物を水から守ってくれる大事な役目があります。
 
雨漏りしてしまうと、水が部屋などに入り、カビの発生を誘発します。
 
また、パソコンやテレビといった電気機具に水が入り故障するなど2次的な被害も受けます。
 
防水層は寿命があるため、定期的に防水工事をすることで大事な建物を水から守ることができます。
 
 
ご相談は何度でも無料 >

関連記事