受付時間:月~土 9~20時
無料相談メール
無料相談LINE

防水工事は、雨の時工事がストップすると聞くのですがなぜですか?

更新日:2024年5月27日 BY 福島 慎介

【質問】

防水工事は、雨の時工事がストップすると聞くのですがなぜですか?

【回答】

特に、ウレタン防水やFRP防水といった塗膜系の防水工事は雨の時は、工事をストップします。

雨水によって塗膜が薄まったり、塗った部位の塗膜料が流されたり、雨粒の痕ができたりして、そのあと防水層を一定の厚さをに塗るのが難しくなります。

また、濡れている状態で塗ってしまうと、後で硬化不良という現象が出ます。

剥がれやすくなったり、塗った跡が汚いなどのトラブルにも繋がります。

塩ビシートやアスファルトは、シート系の防水などで、あまり天候には左右されにくいと言われています。

それでも接着する際には、接着剤は使いますので、雨時はできる限り工事がストップしたほうがいいです。

関連記事

防水工事で200万円損失

手抜き工事事例|200万円も払って手抜き工事..信頼していた大工に防水工事で裏切られた話

ウレタン防水通気緩衝工法

ウレタン防水通気緩衝工法の施工手順(絶縁工法)

ウレタン防水の適正単価と業者選びの注意点!【単価表公開】

カテゴリー :防水工事よくある疑問100選 

福島 慎介

神奈川県出身 一般社団法人 防水工事推進協会 代表理事 防水アドバイザーとして10,000枚以上の見積りや防水工事を診断 お客様の立場・視点から分かりやすくお伝えします。

防災工事推進協会 代表理事 紹介ページへ