受付時間:月~土 9~20時
無料相談メール
無料相談LINE

ブロック塀のゆがみは火災保険で直せますか?

更新日:2024年5月27日 BY 福島 慎介

【質問】

ブロック塀のゆがみは火災保険で直せますか?

【回答】

かなり難しいとは思いますが、人的な原因があるのであれば、

検討されても良いかもしれません。(例:蹴られた、子どもに壊された、など)

また、火災保険適用において大事なのは「敷地内にブロックがあるかどうか」です。

公道をまたぐ場合は適用されません。

ご相談は何度でも無料!

防水工事のプロが、あなたの工事を無料サポートします。フォームからお気軽にご利用ください。

お急ぎの方は0120-922-869
にお電話ください。
(受付時間:月~土 9時~20時)

*は必須です

関連記事

防水工事で200万円損失

手抜き工事事例|200万円も払って手抜き工事..信頼していた大工に防水工事で裏切られた話

ウレタン防水通気緩衝工法

ウレタン防水通気緩衝工法の施工手順(絶縁工法)

ウレタン防水の適正単価と業者選びの注意点!【単価表公開】

カテゴリー :防水工事よくある疑問100選 

福島 慎介

神奈川県出身 一般社団法人 防水工事推進協会 代表理事 防水アドバイザーとして10,000枚以上の見積りや防水工事を診断 お客様の立場・視点から分かりやすくお伝えします。

防災工事推進協会 代表理事 紹介ページへ