外壁タイルの見積もりを2社から取ったら、見解が分かれてどちらが良いのでしょうか?

【質問】

築18年 3階 鉄骨造 外壁正面のみタイル仕上げの賃貸マンションです。

外壁工事を予定しています。2社に見積りをとったところ、タイルの貼り直しを勧める業者と、
タイル用の塗装だけをすれば大丈夫です。という業者に見解が分かれます。

どちらのほうが良いのでしょうか?

【回答】

結論から言うと、どちらも正しい提案です。

タイルは、一番丈夫で長持ち、経年劣化もほとんどありません。
なにもなければ20年はメンテナンスフリーでも持ちます。

▼タイル交換

デメリットは、初期費用が高い。また、タイル交換しても大きな地震の揺れ、
台風などが直撃した場合は、タイルが割れたり、ひび割れする可能性があります。
そうなるとやり直しする場合も出てきますので、
また費用が高い工事が発生するかもしれません。

台風の地震の場合は、火災保険(地震保険)で修理することも可能です。
加入している損害保険の契約内容が大変重要になってくるので見直しをオススメします。

▼タイル塗料

タイル塗料(タイル専用撥水材)は、初期費用が安く、防水性もあります。
コストと防水性のバランスが良いのはタイル撥水材です。

ただし、タイル交換に比べると、耐久性はなく約10年くらいです。
経年劣化で塗料の膜が薄くなってくるので、10年おきのスパンで塗り直しをがでてきくる場合があります。

塗膜は、地震や台風などの災害の影響は受けにくいといわれています。

・どれくらい建物を持たせていきたいか

・また災害のあいやすい地域なのか

2点考慮したうえでどの提案にするか決めると良いかと思います。

ご相談は何度でも無料 >

関連記事