簡単な雨漏りチェック方法をお教えします!

簡単な雨漏りチェック方法をお教えします!

雨漏りしているかどうか、
どこから雨漏りしているか、
普段生活しててもなかなかわからないですよね。
原因を突き止めて正しく対処しましょう。

今回は、お家の中からのチェック方法です。

チェック項目
□ 壁にカビが生えている
□ 壁が濡れていることがある
□ クロスに染みがある
□ クロスが剥がれた
□ サッシまわりが濡れている

一つでも当てはまったら、雨漏りしてないか確認しましょう。

①壁にカビが生えている
  壁にカビが生える原因は、湿気や雨漏りが考えられます。
  壁全面にではなく局部的にカビが生えている時は特に雨漏りの可能性が高いです。
  雨の日にカビが生えている壁を触ってみて、他の壁と比べてみるるとよいでしょう。
  壁の内側で雨漏りしていてカビが生えていると分かりにくいです。

②壁が濡れていることがある
  天井にしみが出来ていたり、クロスの継ぎ目や、
  照明の取り付け部分から雨漏りしている可能性があります。
  床が濡れている場合でも、壁を伝ってきた雨水の可能性もあるので、
  上の方もチェックしてみましょう。

③クロスに染みがある
  クロスの染みは、水に濡れて乾いた跡です。
  雨の日に染みを触って濡れていないかチェックしましょう。

④クロスが剥がれた
  クロスは劣化や湿気でも剥がれることがあります。
  年月が経つとクロスの粘着力も弱まったりします。
  雨漏りでクロスが剥がれる時は、クロスの下に湿気が溜まって剥がれてしまうので、
  クロスが濡れていたり、内壁に染みが出来たりしています。

⑤サッシまわりが濡れている
  結露か、雨漏りが考えられます。
  結露は外気と室内の温度差で出来るので、雨が降っていなくても発生します。
  雨が降った時だけサッシまわりが濡れている時は雨漏りの可能性が高いです。

次回は『簡単な雨漏りチェック方法 第二弾』
建物の外側からみてわかるチェック法をお教えします。

【無料】ご相談はこちら
防水のことなら、なんでもお気軽にご相談ください。

防水日誌カテゴリの最新記事