備えあれば憂いなし

備えあれば憂いなし

首里城の大規模火災からはや一ヶ月が経とうとしています。
沖縄の方のみならず、日本国民みんなが心を痛めた衝撃的なニュースでした。

そんな中、先日、姫路城の防災対策の番組を見て、非常に感心させられました。

天守閣を中心に1000ヶ所以上のスプリンクラーや自動火災報知器を設置。
歴史的建造物には消火設備の無い建物も多いと言われていますが、
城内の景観を損なわないよう配慮し、観光客も
「天井を見上げても、スプリンクラーがあるとは気付かなかった」と驚く。

更に60台以上のカメラを設け、24時間のモニター監視。
なにより驚いたのは、毎日の防火訓練を欠かさないという。

平穏が続くとつい気を緩めがちですが、常に緊張感を持ち日々の訓練を怠らない。
国宝や重要文化財を守ろうという強い意気込みが感じられました。

瓦や壁には耐火性能の高い漆喰が使われているのも火災になりにくい構造であり
ハードとソフト両面からしっかりと守られている白鷺城。
是非訪れてみたいものです。


【無料】ご相談はこちら
防水のことなら、なんでもお気軽にご相談ください。

防水日誌カテゴリの最新記事