秋の台風は韋駄天で風が強い

秋の台風は韋駄天で風が強い

皆さま、こんにちは。
ブログ担当ハラです。

あっという間に9月。
今年は元号が変わり、それに伴う祝日が増えたりと
いつもより日が経つスピードが速いような気がします。

昔は、9月に入ると秋の気配を感じていたものですが、
近年の温暖化による異常気象で、まだまだ暑い日が続きます。
中でも注意すべきは台風被害。

気象庁発表の過去の統計データを見ても、ここ10年では、
8月よりも9月に発生する台風の方が多いのです。

「秋の台風は韋駄天で風が強い」という天気のことわざがあるそうです。
秋の台風は発生後わずか3日ほどで日本を襲い、その後毎時100キロ以上の
スピードで北東に抜けるものが多い、の意味のようですが
最近はそれに加え台風の威力も凄まじくなりました。

九州地方が実家の私は子供の頃、台風が来ると何故かワクワク、
夏の恒例イベントのようなものでした。
普段は別々の部屋で寝る家族が、ロウソクや懐中電灯を準備して
全員で茶の間に集まり「コワイねー」などと楽しそうに身を寄せ合う。
今考えれば、木造オンボロ一軒家でもやり過ごせる程度の台風規模だった
のでしょう。
のんびりした昭和の時代です。
何だか「ALWAYS 三丁目の夕日」みたいですね。

しかし現代ではそんな悠長なことは言ってられません。
お住まいの自治体のホームページ等で防災情報を確認できますが、
国土交通省が運営するハザードマップポータルサイトも便利です。
https://disaportal.gsi.go.jp/

地域を入力するだけで、洪水や土砂災害など注意すべきエリアが確認でき、
防災関連のリンクも豊富です。

ご自身がどのような地形にお住まいで、何に注意すべきなのか。
いざという時のためにお役立てください。


【無料】ご相談はこちら
防水のことなら、なんでもお気軽にご相談ください。

防水日誌カテゴリの最新記事