マンション大規模修繕<番外編:犬の視点>

マンション大規模修繕<番外編:犬の視点>

皆さま、こんにちは。
ブログ担当ハラです。

以前にもマンション大規模修繕工事についてお伝えしましたが、
今回は番外編として、犬の視点に立ってお話します。

犬!?
はい、そうです。
今や4世帯に1世帯はペットを飼っているという現状。
頭数としては猫が追い上げていますが、飼育世帯数となると
やはり犬が約720万世帯と首位を誇ります。
(出典:一般社団法人ペットフード協会 2018年実態調査報告)

何の不自由もなく平和でのんびりと暮らしていたところ、
ある日突然見知らぬ男たちが我が家のベランダへ侵入!!
「ナニーーーー!?(・_・;?」ワン、ワン、ワン、ワン、ワン!
犬にとっては一大事です。

都市部の大型マンションだと、世帯数が多いため工事工程は長期に及びます。
ちなみに我が家では、8ヶ月間の工程表が組まれています。
大掛かりな足場が組み立てられ、下地補修、長尺、シーリング、塗装、防水・・・
作業員さんたちがベランダを行き来するので、一日中カーテンを開けられないし、
洗濯物も干せません。
人間でさえ憂鬱になるのに、犬にとってのストレスは計り知れません。

犬種やそもそも生まれ持った性格で、とても繊細な子もいます。
生活圏に見知らぬ人が入り、聞きなれない工事の音や振動でたちまち体調を
崩す子もいます。
「工事のおじちゃんだよ、大丈夫だよー」なんて言っても
犬は突然すぎる環境変化の意味など分かるはずもありません。

世帯数の多い大型マンションで、ペットを飼っていらっしゃる方は
くれぐれもご注意ください。
ご近所にお友達やご親族のお宅、のんびりできる公園など、息抜きできる場所があるといいですね。

ワンちゃんも大事な家族の一員。
ご参考になれば幸いです。


【無料】ご相談はこちら
防水のことなら、なんでもお気軽にご相談ください。

防水日誌カテゴリの最新記事