職人技が支える「姫路城」の雨漏り対策

職人技が支える「姫路城」の雨漏り対策

皆様こんにちは。
お客様サポートの及川です。

今回は日本が誇る世界遺産
「姫路城」について
ご紹介させていただきます。

姫路城は別名、白鷺城と呼ばれ
白鷺が羽を広げたような姿と
漆喰の壁と屋根瓦の継ぎ目で
まばゆいばかりの白さが美しい城です。

「世界が驚いた→ニッポン!スゴ~イデスネ視察団」
(テレビ朝日 土曜 18:56~19:54)
のスペシャル番組で姫路城を訪れ
屋根瓦の漆喰についても紹介されていました。

 
写真を見ていただくと分かると思いますが
漆喰が塗られている端の方が少し盛り上げてあります。
これは“ひねり掛け”という昔から伝わる漆喰の上塗り
をする際の左官職人の技です。

平に漆喰を塗っただけだと雨や雪などで
すぐに削れてすぐに隙間ができてしまいます。
この、ひねり掛けが数ミリあることで、
まっすぐに削れていくことを防いでいます。

左官職人全員がコテ1本の手作業で1年半をかけ
大天守の屋根瓦約8万枚の瓦を塗りました。

瓦と瓦の隙間を埋め尽くす下塗り、
盛り上げるように塗る中塗り、
ひねり掛けを用いた上塗り
これらすべてが手作業であることに海外からの
視察団は驚いていました。

ちなみに、姫路城を訪れたのは
ドイツの古城修復建築士の方と
イタリアの城や教会の修理を手がける建設会社役員の方です。

このような海外のプロの方々にも
日本の職人技が素晴らしいと
言ってもらえることは、
日本人として私も誇らしく思います。

この夏、姫路城にお出かけになられる方は
屋根瓦の漆喰や漆喰の壁など
職人技の粋を集めた部分も
見られてはいかがでしょうか。

【無料】ご相談はこちら
防水のことなら、なんでもお気軽にご相談ください。

防水日誌カテゴリの最新記事