防水業者のウソ・ホント その2

防水業者のウソ・ホント その2

今年も残りあと一ヶ月と少しになりましたね。
お客様、業者様に両方に満足してもらえるように
頑張ります。

さて、今回は…。
前回の続きになります。

「防水業者の実態に関して暴露しちゃいます!」

シリーズ第2回目!!

題して、
「これってどうなの!?
 防水業者のウソホント!」

【3】見積もりに「一式」を使う業者はNG?
【4】若い世代の社長さんは経験不足だからNG?

※【1】と【2】については前回の記事にアップしています。

いつも通り、具体的な事例や
裏話をお伝えしますので、楽しみながら
お読みくださいね!

【3】と【4】について解答・解説します。

*******************

【3】見積もりに「一式」を使う業者はNG?

戸建に不慣れな業者さんは、見積もりに
よく「一式」という言葉を使います。

これは、普段は、勝手のわかっている建設関係者を
相手にしているため、「一式」でも相手に伝わるのです。

*業者と建設関係者の今までの付き合いで
 きちんとした仕事をしてくれることは
 わかっているため、詳細は出しません。

そのため、詳細な項目まえ記載された見積りを
あまり作ったことがないため、どのように記載してよいか
分からず、建築業界で理解してもらえる
「一式」という言葉を使うケースがあります。

逆に、戸建に慣れている業者さんは、
細かい項目までしっかり書いてくれます。
あなたが、不安にならないようにという配慮からです。

私自身も、いくら腕があるからといえども、
「一式」で済まされると、不安になりますが、
有名な建物の工事をしてきた業者でさえ、
「一式」という言葉を普通に使うのです。

またあまりも細かく出しすぎても、
逆にお客さんが分からなくなってしまう場合も
あるので、さっくりとした見積りを出すケース
もあるそうです。

もちろんその場合は、お客さんが納得するまで
説明するのは当たり前ですが。

ということで答えは。
No!

見積りに「一式」を使う業者もあります。

【4】若い世代の社長さんは経験不足だからNG?

むしろ、私の経験からですと、若い方のほうが
柔軟性があり、色々と対応してくれる方が多いです。

例えば、29歳の若い社長さんでも、経験は
10年以上ある、ということもあります。

40歳くらいの方ですと、少し写真を見ただけで、
既存の防水層やおよその年数、次の施工内容
までぴたりと当てる方もいます。
*この方は、防水歴20年にもあります。

もちろん、20歳そこそこでは不安があるかも
しれませんが、多少若い方でも、優秀な方は多いのです。

私の知っている限りでは、若い方のほうが、
勉強熱心で、いい加減な工事をしないという気持ちが
強い方が多いです。

答え。
No!若くても優秀な方はたくさんいます。

*******************

良い業者はなんとなくわかったけど、自分が
依頼をする業者が良い業者かどうか、
分からないじゃないか!

と思いましたか?

私は業者と付き合いがありますので、
業者の特徴などがわかります。

もしあなたが雨漏り修繕をしたいなら、
雨漏りが得意な業者をご紹介します。

予算などから複数の提案してくれる
業者が良いなら、そうした提案が得意な業者を紹介します。

自分に合った業者を探すなら、
当サイトをご利用いただくのが近道です!

最後までお読みくださり、
誠に感謝・感謝です。

ありがとうございました。

―――――――――――――――――――

■防水アドバイザー直通
 ⇒ 03-6676-2100
 年中無休 08:00~22:00
 
いつでもお電話をお受けできるよう
年中無休で営業しております♪

追伸

メールをお読みいただいて
ご質問、ご相談などありましたら、
問い合せフォームよりご連絡ください。

【無料】ご相談はこちら
防水のことなら、なんでもお気軽にご相談ください。

防水日誌カテゴリの最新記事