限界マンションになる前に点検することをおススメします

皆様こんにちは。
お客様サポートの及川です。

今回は、マンションの防水及び修繕工事について
お伝えいたします。

皆さんがお住まいのマンションは
建てられてからどれくらい経っていますか。
また、修繕工事は10年、20年など
節目ごとに行われていますでしょうか。

最近、ニュースなどでよく
「限界マンション」という言葉をよく耳にします。
建物の老朽化が進んでいるだけではなく
修繕・管理が行き届いていないため
価格を下げても買い手がつかないマンションのことです。

マンションに限らずどのような建物も
築年数が経てば経つほど老朽化するのは当然です。
老朽化すれば、入居者も減っていきます。
その時に
修繕工事を行って建物を綺麗にし、入居者を募集しよう!
と、考えても入居者が少なければ、
各戸の負担額が大きくなってしまいます。
負担額が大きく工事資金が用意できない

工事をあきらめる

老朽化が進む

買い手がつかない

このような状態にならないためにも
お建物の定期的な点検・防水及び修繕工事を
行うことをおススメいたします。
防水工事と修繕工事を
同じときに行おうとすると、金額が大きくなります。

実は私が住んでいるマンションも
経過年数が経ち
修繕費が上がっていく一方です……

マンションを健全に美しく保つためにも
まずは、防水工事だけでも行っては
いかがでしょうか。
防水工事と修繕工事を分けて行う
ことを「分離発注」と言います。

特にマンションなどの集合住宅では
住民の方が屋上に上ることはほとんど
ないと思います。
そのため、屋上が傷んでいても
気付かないことが多いのです。

住民の負担が大きくなる前に
一度、管理組合主体で
防水専門業者に依頼し
早めに点検を行いましょう。

 

 防水アドバイザーへの直接相談お問合わせはこちらから。
完全無料でご利用いただけます。