視察や見積もり説明の際に守って欲しいマナー

皆様こんにちは。
お客様サポートの及川です!

前回までは工事業者を選ぶときのマナー
をお伝えしました。

今回は業者の視察や
業者が見積もりの直接説明に伺う際の
マナーをお伝えします。

(1)業者の視察や直接説明のドタキャンをしない
  業者は複数の現場を持っており
  1日の間に複数件視察に行くことも多いです。
  みなさまとお約束した時間は
  アナタのための時間
  として確保しています。
  ドタキャン→再設定を行うということは
  スケジュールを練り直すことになり
  他のお客様にご迷惑をかけることになるかも知れません。

  急病などでどうしても無理な場合は
  早めに業者に連絡しましょう。

  ドタキャンは基本的にNGです。

(2)業者に同じ質問を何度もしない

  疑問や確認したいことはどんどん業者に
  尋ねるようにしましょう。
  業者から丁寧な説明を聞き、
  一度は納得したにも関わらず
  繰り返し同じ質問、
  金額交渉を行う行為はマナー違反です。

  業者に気持ちよく工事をしてもらうためにも
  同じ質問を繰り返すことはやめましょう。

(3)お客様が業者の会社をアポなしで訪れない

  みなさまも、お客様や取引先への訪問を
  アポイントメント無しで訪れることは
  しないでしょう。
  連絡なしに訪問することは
  マナー違反になってしまいますね。

  業者の会社を訪問したい場合は
  業者に連絡し、アポイントメントを
  とってからにしましょう。

 
▼ 守って欲しいマナーのまとめ

(1)業者の視察や直接説明のドタキャンをしない
(2)同じ質問を何度もしない
(3)お客様が業者の会社をアポなしで訪れない

マナーを守り
お互いに気持ちよく
工事開始、竣工できたら最高ですね\(^_^)/


防水アドバイザーへの直接相談お問合わせはこちらから。
完全無料でご利用いただけます。