無料見積もり診断を是非ご活用ください!

無料見積もり診断を是非ご活用ください!

暖かくなったと思ったら
急に寒くなったりと
気温の寒暖差が激しく
体調を崩しやすい時期ですね。

私も気を引き締めて
行きたいと思います。

さて、今回は最近ご契約が決まった、
杉並区のFさんのお話をしたいと思います。

Fさんはアパートのオーナー様です。
そろそろ屋上防水をとお考えになり、協会へお問い合わせいただきました。
協会からは2社ご紹介し、ご自分でもう1社お見積もりを取っていました。

金額やその他色々な点を考慮し、協会からご紹介した2社で
大変迷っていました。

そこで、防水アドバイザーへ2社の見積もりを見て
意見を聞いてみたいとご相談くださいました。

見積もりの内容はどちらも同じ
ウレタン通気緩衝工法でした。

P社は既存防水を完全に撤去する内容でした。
既存防水(ウレタン)を一度完全に撤去してから
新たにウレタン通気緩衝工法にする提案です。

T社は既存防水を活かす内容でした。
既存の防水で状態が悪い部分を一部撤去し
その上から、ウレタン通気緩衝工法を施工していきます。

どちらの見解も間違っておらず、
各社のメリット・デメリットを整理し、
Fさんへお伝えしました。

さらに、細かい部分で再確認したい点などをお聞きし、
業者へ確認をしたり、一つ一つ疑問点を解消しました。

沢山の防水アドバイザーとのやり取りをしたのち、
Fさんがご自身がどちらの業者にするか決断しました。
今回はT社の熱意に押されこちらの業者にしました。

ご自宅の防水工事もまた協会でお願いしたいと言っていただけました。

Fさんのようにどちらがより良いのか迷ってしまったり、
見積もりの内容を詳しく知りたいと言う方は
是非防水アドバイザーの無料見積もり診断をお勧めしています。

防水アドバイザーが詳しく解説いたします。
*メールでも電話でも対応可能です。

*無料見積もり診断実施中*
 他社のお見積もりも診断いたします。
 営業活動もしておりません。

【無料】ご相談はこちら
防水のことなら、なんでもお気軽にご相談ください。

防水日誌カテゴリの最新記事