悪質なコンサルタントにご注意ください

皆さんこんにちは。
お客様サポートの及川です。

先日、マンションの修繕工事について
悪質なコンサルタントが、工事業者からリベートを受け取っている
という報道があったのをご存知でしょうか。
(参照元 毎日新聞)


住民の皆様や、オーナー様が
大きな損失を被ることがないよう
この記事がお役に立てれば幸いです。
ぜひご一読ください。

<報道の簡単な内容>
マンションの修繕工事において
管理組合や管理会社または、オーナー様が
施工業者の選択や最終チェックのために
コンサルタントに依頼する。

依頼されたコンサルタントが
受注業者にリベートを要求。
コンサルタントは、リベートを払うと
約束した業者にのみ、
見積もり参加できるように条件を絞り受注させる。
または、談合により受注業者が決まっている場合もある。
リベートが工事費の20%に上るケースもある。

結果、提出される見積もりにリベート分が上乗せされる。

国土交通省は事態を重く見て
注意喚起するように管理組合や管理会社などの団体に通知した。
————
私たち協会でも、一部の悪質なコンサルタントが
住民の皆さまやオーナーさまから
不当な利益を得ていることを把握しております。

平均15%~30%のリベート(中間マージン)を取るようです。

実際、私たち協会へお問い合わせくださる
管理組合やオーナー様が増えております。
月に、10件~15件ほど問い合わせがあります。

問い合わせの90%以上のお客様が

「管理会社からお見積りを取っています。
思った以上に高額だったので、本当に適正なのか知りたくて。。。」

と同じ疑問を抱いています。

最近も、町田市の分譲マンション管理組合 理事の方から
防水工事についてのお問い合わせがありました。

次回の日誌で、
どういったいきさつでお問い合わせがきたのか
最終的にどんな結果になったのか
詳細をご紹介していきたいと思います。
お楽しみに!


防水アドバイザーへの直接相談お問合わせはこちらから。
完全無料でご利用いただけます。