失敗しない見積もりの取り方

皆様こんにちは。
お客様サポートの及川です。

今回は皆様に失敗しないお見積りの取り方
をお伝えいたします。

1.見積もりは相見積もりを取りましょう
見積もりは、各業者によって内容や金額が異なります。
同じ場所の防水工事や修繕工事であっても
ときには提案内容が異なる場合があります。

1社だけでは適正な価格か分かりません。
2社ですと、どちらが正しいか判断しづらいですね。
3社見積もりを比較すれば、金額や項目など
比較検討しやすくなります。

4社以上取るのはおススメいたしません。
多すぎたら何が何だかわからなくなるだけではなく
比較するのにみなさまが疲れてしまうからです。

2.自分の要望を正確に伝えましょう
 ・自分の要望を書面でまとめる
 ・まとめた書面を全ての業者に渡す
 ・出来る限りおおまかな予算を伝える

 ★ポイント:実際の予算より下回る金額を伝えること

 ・相見積もりであることを伝える
 ・「これだけは譲れない」ポイントを伝える
 ・金額重視のパターンと長く持たせるパターンなど
  最低2パターン見積もりをお願いする

いかがでしたか。
今回お伝えしたポイントを守ることで
業者も適正なお見積りがつくりやすくなり
皆様のご要望通りの見積もりになります。

ぜひ試してみてください。

防水アドバイザーへの直接相談お問合わせはこちらから。
完全無料でご利用いただけます。