大規模修繕 管理会社の話に納得できない!?

みなさまこんにちは!
お客様サポートの及川です。

さて、友人のマンションの大規模修繕
次の段階の話し合いになっているようです。

最近、理事会が開かれ大規模修繕に関する
話が始まったそうです。

・管理会社(紹介の業者)から概算での金額が出た
 (見積書ではない)
・住民からも防水工事業者(紹介できる方)の募集をすることにした
 (資本金1億程度の業者)

住民に募集をかけたものの
理事の中には、募集はもっと話し合ってから
という意見が出ていたということです。

反対意見を押し切って募集してしても構わない
という考えに、驚きと共に怖さを感じます!

管理会社から報告があった概算の金額は
修繕積立金ギリギリか足りないほどの金額で

・概算で出ている金額(例:事務経費など)は本当にそれだけ必要なのか
・大規模修繕ではなく防水工事だけでもいいのではないか
・住民に意見を聞くべきではないか

という意見が現在のところ聞き入れられていないとのこと。

私たちが積み立てた修繕金。再度理事会で意見を言わなければ!

と、奮起されているそうです。

私も同意見です。
住民が積み立てた修繕金の使い方は
住民で真剣に話し合い、考えるべきです。
もし、戸建住宅(自分の持ち家)だったら
納得のいく業者を真剣に探すはずです。
マンションの大規模修繕もまったく同じだと思います。

私自身、もっと勉強し、
友人にもアドバイスできるようにしていきたいと思います。

この大規模修繕、結末がどうなるかまで
見守りながら、追いかけお伝えしていきます。

みなさんがお住まいのお建物に置き換えて
考えるきっかけになれば幸いです。

防水アドバイザーへの直接相談お問合わせはこちらから。
完全無料でご利用いただけます。