マンション 大規模修繕が始まるまで その1

みなさま、こんにちは。
お客様サポートの及川です。

今回は、知人が入居しているマンションの
大規模修繕が近々行われると聞き、
仕事柄とても興味をもちました
どのようなことが行われているか
一連の流れなども含めリポートしていきます!

まず、一昨年の春頃入居者の中から
修繕委員の募集が行われました。

立候補された入居者の方で修繕委員会を設立。

修繕委員とは、理事会と共同で
大規模修繕について進行する組織です。

理事会は毎年理事が交代しますが
修繕委員会は大規模修繕が完了するまで、交代はありません。

昨年の2月~3月にかけて
管理会社と入居者から
コンサルティング・修繕設計、工事管理業務
の会社の公募が行われました。

コンサルタント会社、工事会社、管理会社から応募あり

結果、工事会社を除く3社から見積もりを取る

管理会社に決定

公正を記すため、見積もり内容について
質疑応答を行ったそうです。

建設当初からマンションのことを把握していることや
見積もりの金額が妥当だということで管理会社に決定。
↑本当に妥当なのかな?と早くも疑問!

しかも監理業務だけでも400万弱かかるとのこと!

監理業務ってなにするのだろう?
400万もするのだから、相当仕事してくれるのかな?
と興味深々!

実際、修繕工事を行う会社はこれから決定されるとのことでした。
監理業務を決めたときのように公募が行われ
説明会も行われる予定とのことです。

公正で公平な見積もり提出や工事が
行われることと信じたいと思います。

また、進展聞きましたらお話しさせていただきますね。


防水アドバイザーへの直接相談お問合わせはこちらから。
完全無料でご利用いただけます。